NEW!
僕は今でも大森立嗣監督に言われた言葉を忘れる事はないでしょう。「ヤス、黒岩としてその場に 立ってくれてればいいから」「ヤス、お前がやった黒岩は 俺の想像を越えたからそれでいいんだよ」「ヤス、もう少し芝居 上手くなってくれよ…笑」そしてまた、この「ぼっちゃん」を観て頂くみなさんにとっても、忘れる事の出来ない良い映画になっている事でしょう。淵上泰史│ふちかみ・やすし 岡田コウジ役 1984年生まれ。和歌山県出身。

被写体として写真家ブルース・ウェーバーに見出され、その後レスリー・キーの写真集「SUPER TOKYO」(10)に参加する。
11年に映画「『軽蔑』(廣木隆一)で俳優として本格デビュー。
その後映画では『東京プレイボーイクラブ』(12/奥田庸介)、『ヘルタースケルター』(12/蜷川実花)、テレビではTBS「生まれる。」(11)、「運命の人」(12)に出演する。
公開待機作に『プラチナデータ』(大友啓史)、『秘愛』(野口照夫)、『共喰い』(青山真治)などがある。